アニマルパスウェイを
りようする動物(どうぶつ)たち

yamane-iconbw

樹上性動物
(じゅうじょうせいどうぶつ)

森にすむ野生生物(やせいせいぶつ)のなかで、
とくに木のうえでくらす小さな動物(どうぶつ)を
樹上性動物(じゅじょうせいどうぶつ)といいます。
つぎのような動物(どうぶつ)たちが
アニマルパスウェイを利用(りよう)しています。
またさまざまな昆虫(こんちゅう)や
とりたちも利用(りよう)しています。

樹上性(じゅじょうせい)の動物(どうぶつ)にはほかににエゾリスニホンザルなどがいます。

日本の森には、国の天然記念物(てんねんきねんぶつ)の
「ニホンヤマネ」や、絶滅(ぜつめつ)のおそれのある
ニホンリス」など、木の枝(えだ)をとおり道にしてくらす、
樹上性(じゅじょうせい)の小さな動物(どうぶつ)たちがいます。
しかし、わたしたちが利用(りよう)する道路(どうろ)は
そのとおり道を分断(ぶんだん)しています。
そのために私たちがかんがえたのが、
動物(どうぶつ)のとおり道「アニマルパスウエィ」です。